グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  採用情報 >  社員インタビュー

社員インタビュー


オンザマーク集合写真

当社で活躍する先輩に仕事のやりがいや魅力について語っていただきました。

N・Kさん

2009年4月入社 10年目

今担当している仕事内容

現在私はお客様への提案活動から、導入したシステム・ネットワークの保守など幅広い業務に携わっています。

仕事のやりがい

お客様とより近い立場のSEとして、お客様の理想を現実に近付けるために「お客様の立場で考える」事を日々意識しております。
課題を解決した時の達成感や、お客様からお褒めの言葉をいただいたときにやりがいを感じております。

Y・Mさん

2003年4月入社 16年目

今担当している仕事内容

事業管理部にて、主にお客様からの受注管理業務を行っています。御見積書や注文書請書、契約書のやりとりから請求業務、営業担当のサポートが主な業務です。

オンザマークだからできること

入社した当初は幼稚園の息子がおり子育て真っ只中でしたが、会社の理解もあり、これまで仕事を続けてくることが出来ました。

J・Yさん

2012年4月入社 7年目

今担当している仕事内容

現在は、お客様先に常駐し保守作業を担当しています。保守業務自体に関わるのは今年度が初めてで、今までは開発業務を行うことが多かったですね。

仕事のやりがい

難しい仕様をまとめて、きちんと形にできた時にはやはりやりがいを感じますし、作るプログラムに対する自信にもつながります。

自分の仕事の使命

今まで色々な方とお仕事をしてきた経験から、「プログラムを書けないSEにはなりたくない」と思っています。またお客様とやりとりする中で、単に求められたことをやるだけでは「ただの業者」で終わってしまいますから、お客様の求めている水準を1%でも上回るものを提供できるようになることが、オンザマークの社員として必要だと考えています。

どんな人が向いているか

自分の可能性を自分で狭めてしまわない方が向いていると思います。大変なことや、難しい課題にあたった時に「無理だ」とあきらめてしまうのではなく、「何とかなるだろう」「何とかしてやる」と思える方と一緒に仕事をしたいと考えています。


I・Dさん

2012年4月入社 7年目

今担当している仕事内容

オープン系システムの運用保守を、入社2年目から現在まで担当しています。

仕事のやりがい

仕事でのやりがいという点では、システムの不具合の原因を突き止めた時の「コレだ!」っていう気持ちよさがあります(笑)。
私の仕事の性質上、お客様からシステムがどういうものか、仕様について聞かれた際にお客様をお待たせしないよう、10以上あるシステムの仕様を暗記しなければならず、しかも仕様書がないものも多いのでその点は大変ですが、実際のコードを見て動かしながら仕様や動作を理解していくプロセスにはやりがいを感じますね。

普段心掛けていること

打ち合わせなどの際にはシステムの知識をあまりお持ちでない方も同席されることが多々ありますので、そういった方にもお分かりいただけるように専門用語を噛み砕いて説明するように気を付けています。
保守業務では、お客様が進もうとしている方向に不具合や障害が起こらないように先回りして取り除くことが大切だと考えています。なにか困ったことがあったらすぐ相談していただけるような信頼関係をお客様と作っていくことが今後の目標です。


S・Mさん

2012年10月入社 7年目

今担当している仕事内容

現在の担当は社内で建設製造業向け基幹システムのマイグレーションで、主にJavaを使ってWeb画面の開発を行っています。マイグレーションとは簡単に言うとシステムのリフォームのようなもので、現在稼働している20年ほど前の、扱えるデータ量の少ない古いシステムを今の時代に合った形に換える作業をしています。
最初は環境周りの担当でしたが、今は開発と基本設計の一部を手掛けています。

普段心掛けていること

設計をする時は設計書を見ただけでプログラマーが製造できるよう、曖昧な記述は避けることを大切にしています。また、開発をする際には、保守する人のことを考え、シンプルに見やすいコードを書くことを心掛けています。

働きやすさについて

半年に1回面談があり、自分の意見や要望はその時に伝えていますが、その意見が割と反映されやすいので、そういった点が働きやすさにつながっていると感じます。

オンザマークだからできること

最初の要件定義から設計・開発、保守まで一通りできるのが良いところだと思います。大きな会社だと役割が分業されてしまっていて、設計ができない、あるいは開発ができないといったことがあったりしますので。